建物本体価格変動についてのお知らせ

現在、構造材で利用する木材が急騰しております。

原因としては、コロナ禍での作業員の減少により、海外の生産量低下やコンテナ不足が深刻化していることがあげられます。
また、アメリカや中国の景気回復からの住宅需要増加によって、世界的な木材需要が急増しており、
そのあおりで国産材も品薄・価格高騰し「ウッドショック」が発生している状態です。

そのため住宅の本体価格は、建築時期によって変動することも考えられますので、各エリアのcasa施工店に都度お問合せください。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

現在、構造材で利用する木材が急騰しております。

原因としては、コロナ禍での作業員の減少により、海外の生産量低下やコンテナ不足が深刻化していることがあげられます。また、アメリカや中国の景気回復からの住宅需要増加によって、世界的な木材需要が急増しており、そのあおりで国産材も品薄・価格高騰し「ウッドショック」が発生している状態です。

そのため住宅の本体価格は、建築時期によって変動することも考えられますので、各エリアのcasa施工店に都度お問合せください。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。