北欧の暮らしの知恵が詰まったぬくもりあふれる家

雑誌『リンネル』と「casa」のコラボレーションで生まれた「casa liniere(カーサリンネル)」は、北欧の暮らしのエッセンスを取り入れた、あたたかみのある機能的な家。この家で暮らすご家族に、選んだ理由からお気に入りの場所まで、「カーサリンネルのここが好き!」を、たくさんうかがいました。

casa films オーナーインタビュー

サムネイル
  • お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様とは異なる場合がございます。

Room Tour ルームツアー

サムネイル
  • お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様とは異なる場合がございます。

「北欧好き」なご夫妻がみつけた理想の家

新婚旅行ではフィンランドに行ったというほど「北欧好き」なご夫妻。ずっと北欧の住まいのあたたかい雰囲気に憧れていたそうです。「北欧雑貨も大好きで。そういうものがマッチして、映えるような家がいいなと思っていました」とご主人。家を探す際、「北欧住宅」というキーワードでヒットしたのが『カーサリンネル』との出合いだったそうです。

「開放感とか、間取りの素晴らしさとか、木のぬくもりとか。そういうところにすごい魅力を感じて、カーサリンネルに住もうと決めました」。

奥さまは、入居前から北欧雑貨を集めていたとか。

「ちょこっとしたものを飾るのが昔から好きでした。カーサリンネルは無垢材で統一されているので、どこに何を置いてもハマるというか。そこが飾っていて楽しいです」。

そんな奥さまがとくに気に入っているのが「カーサリンネル」の色合い。無垢材と漆喰が織りなす茶と白のコントラストや、アクセントとなるスケルトン階段のグレーまで、まさに奥さまの好みにぴったりだったそうです。

開放的な空間で過ごす豊かな時間

「カーサリンネル」の特徴である広い玄関土間には、家族用のハンガーラックが置いてあります。「外出時にさっとコートを羽織ったり、帰宅したらすぐに上着をかけたりできるので、とても便利です」と奥さま。そして、ご主人のいちばん好きな場所が、この土間。

「何よりも、帰ってきた瞬間にパーっと目の前が開ける感じが好きで。気持ちがハッと晴れるし、同時に安らぎも感じるんです」。

お気に入りに囲まれて、趣味と暮らしを楽しむ

「カーサリンネル」の1階はワンフロアで、LDKが一体となっています。リビングから窓の外の景色を眺めたり、インテリアを見ながら食事をとったりするのが楽しいといいます。

「家族もみんな、ここで安らぐ時間が多くて。リビングで手足を伸ばして、ゴロンと寝転んだりすることも多いです」。

ご主人のもうひとつのお気に入りが、2階のフリースペース。棚とデスクを置いて、おもにご主人が作業する場として活用されています。

「1階にいる家族の気配を感じながら、やりたいことや仕事に専念できるので、すごく気に入っています」。
家での時間を何よりも大切にするのは、寒い北欧ならでは。このご家族の暮らす「カーサリンネル」には、そんな北欧の暮らしから学んだ空間づくりの知恵と豊かさが詰まっていました。

gallery フォトギャラリー

  • 写真をクリックすると拡大できます。
  • 写真をクリックすると拡大できます。

ARTICLES 『casa liniere』 記事一覧

▲ オーナーインタビュー集を無料プレゼント中!