casa cube
いつまでも誰にとっても美しい シンプルな四角い家
2007年登場以来、四角い家の先駆けとして北は北海道、南は沖縄まで日本中で愛され続けているcasa cube。その秘密は、あらゆる要素と素材を綿密に調べ、選択し、外観の詳細なディテールに妥協しないことでたどり着いた極地。
サムネイル
職人の手仕事による表情豊かな塗壁が、オンリーワンの特別感を演出。継目のない一体感のある外壁は、家の品格をあげます。

幅12.2センチで人が侵入できず、防犯性に優れた窓

casa cubeの個性的な外観を象徴するスリットライン。1階から2階にかけて縦に細長く伸びるスリット窓。その窓のガラスの幅はわずか12.2cm(防火窓は17.2cm)。すべり出し窓なので、どの方向からの風もスムーズに室内に取りこむことができます。

天窓がもたらす明るさと快適

いつでもスカイビューが楽しめる天窓が標準装備。天窓に使用している遮熱断熱ガラスは太陽熱をしっかりブロックします。

細部にわたって住む人のことを考慮したデザイン

casa cube のデザインは、住宅を知り尽くした設計のプロがとことん吟味して設計し、空間の取り方、照明の考え方など、細部にわたって住む人のことを考慮しています。それは、普段暮らしている中では、もしかしたら気づかない部分かもしれません。しかし、そのこだわりのディテール、空間デザインが「いごこちの良さ」をつくっています。

高さ2400mmのドアが、縦の広がりを強調させる

扉を閉めた時の存在感、開けた時の開放感。天井の高さまであるオリジナルドアは、高さ2400mm。

casa cubeだけの白さを実現したオリジナルクロス

casa cubeの象徴でもある真っ白な壁紙は、外部からの自然光や照明を反射させる効果があるので、 より白く、明るい空間を演出することができます。