LOVERS ユーザーインタビュー

まもられているなあ、と感じる家

サムネイル
東京のベッドタウン、埼玉県のさいたま市に建つ「casa carina」。奥さまの岩間由紀子さんがフラワーアレンジメントの講師をなさっているというだけあって、玄関まわりには美しい花々が咲き、訪れる人の目を存分に楽しませてくれる。玄関を入り、階段を上がって扉をあけると、センスよくレイアウトされたフラワーアレンジメントが印象的なリビング空間が広がっている。

「主人の仕事柄、転勤族だったこともあって、近所の方たちとなかなか交流することができなかったのですが、ここに家を建てて、フラワーアレンジメント教室を開くようになってからは、いろいろな方たちとお友達になれて、本当に楽しく過ごせています」と、由紀子さんは話してくださった。

そもそも「casa carina」との出会いは、インターネットだったという。
「広告の写真だったと思うんですが、casa carinaの家の写真がとても素敵で。室内もカフェみたいでかわいいな、と。その見た目に一目惚れしました」

リビングの壁もDIYで素敵な演出に。

かわいさを追求しながらも、しっかり機能性が考えられたインテリア。お片づけも楽しそう。

光があふれるリビング。

リビングには由紀子さんのDIYによる飾り棚だったり、ドアのデコレーションだったりがあって、それらは「casa carina」の家の雰囲気とうまく調和している。
「実はcasa carinaを建てるまではインテリアとかにはあまり興味がなくて、DIYも家を建ててからやるようになったんです。家づくりがきっかけで、そうしたこともすごく楽しめるようになりました」

インテリアもDIYも、もちろんフラワーアレンジメントも、由紀子さんの世界観が随所に感じられるお宅だが、ご主人の「casa carina」に対する考え方はまた少し違ったそうだ。
 「主人はこだわりの強い人で、断熱材のこととかものすごく調べていました。そんな主人が、このcasa carinaは“いいね!”と太鼓判を押してくれたので、安心できましたし、何よりとてもうれしかったです」と由美子さん。

実際に暮らしてみても家のなかの過ごしやすさに本当に驚いた、と由紀子さんは、説明してくださった。「私も主人も、暑がりで、寒がりなんですけど、この家は、夏はひんやり涼しくて、冬はあたたか。なんだか、家に守られているなあ、と感じています」

サムネイル