快適な環境で家族を守ってくれる家

サムネイル

 白い壁とブルーのフクロウが目を惹くその家は、中へ入ると無垢の木がふんだんに使われた、あたたかみのある空間がひろがる。そして驚いたことに、家の外よりも空気が澄んでいるように感じる。

 「いつか、自分たちの家を持ちたい」と、住宅展示場に通い、住宅情報誌やインターネットで情報を集めていた千葉さんご夫妻。構想を重ねること2年。「何がいいのか、わからなくなっちゃって」。そんなとき、テレビ番組で「casa carina」と出会った。

「まず思ったのは、『わ! 可愛い!』。それに、もともとからだにやさしい無垢材や塗り壁を使った“あったかい家”がいいなって思っていたんです。だから、casa carinaは私たちが探していた、理想の家にいちばん近かったんです」と奥さまの芳実さん。

 「家の中で快適に過ごせることをもっとも大切に考えていました。それに、家を維持するのに手をかけなくてもいいところが気に入りました。屋根は瓦、壁は漆喰だから、ほかの建材と比べてもメンテナンスの負担が最小限に抑えられるそうで」とご主人の俊洋さん。

白く美しい漆喰の壁は、快適な室内環境をつくってくれる

階段のタイルまでかわいいこだわりが。これぞ「casa carina」の真骨頂!

広々として明るいリビング空間

快適さを追求し、理想の環境をカタチにした千葉家の「casa carina」が完成して約一年半。実際に暮らしてみた感想をうかがった。

「とっても満足しています。漆喰の調湿・調温効果のおかげで、本当に快適です。家の中にいると、夏も暑く感じないし、冬はほかの家とくらべても、そこまで寒くならない。そういえば、冬に一度も結露がなかったです」と芳実さん。

床の無垢材は、冷たくもなく、硬くもなく、足触りがいいから、裸足でいることが多くなったという。「無垢の床はワックスのペタペタ感や滑る感じがなくて、気持ちがいいんです」と俊洋さん。長女の美咲ちゃんも少し照れながら、誇らしげに床を踏みしめ、走ってみせてくれた。

最後に俊洋さんは「快適さにこだわったのは、子どもを育てる環境を考えてのことでもあったんです」とおっしゃった。からだにやさしい自然素材の力と、ぬくもりを感じるあたたかさで、家族の生活を守りたいというお気持ちが、千葉家の快適さの源なのだ。

そんな家で健やかに成長する美咲ちゃん、実はもうすぐお姉さんになる。新しい家族が初めて触れるこの快適な環境は、ご両親が考え抜いてつくり上げた、いちばんのプレゼントになるのだろう。

サムネイル