夢の続きがみられる家

サムネイル

朝日を浴びながら、家族揃って朝食をとる。休みの日は、DIY。木工細工はご主人、奥さまが色をつけて仕上げる。ときには美術を学ぶお嬢さんの作品をアクセントに使ったり。そんな岡田家の生活がはじまったのは、奥さまがそっとしまっておいた、ひそかな夢からだった。

 「絶対に、家なんて建てない、って思ってた」と話すのは、ご主人の隆浩さん。だから奥さまの歩さんは、タウン誌に掲載された「casa carina」を見て一目で心奪われたときも、黙って記事を切り取り、大切にとっておいた。そこでの生活に、ひそかに夢を膨らませながら。

そんなある日、ふとしたきっかけから夫婦で「casa carina」のモデルハウスを訪れる機会がやってきた。歩さんはもちろんだが、なんと隆浩さんも、一目惚れした。「もともと、漆喰の壁や無垢の床など、自然のものを使った家には憧れていましたが、実際の漆喰の壁は模様も素敵で、真っ白なのにあたたかみを感じて。それに、『この家が、この値段で建つの?!』と経済的な面にも感激しました」。家なんて建てないと思っていた隆浩さんが、なんとその場で、家を建てることを決めたのだった。

その日から工務店と岡田家による家づくりがはじまった。ご夫妻の「casa carina」への思い入れと情熱は建築が進むほど高まっていき、家が完成する頃には、隆浩さんお手製の家具も完成した。

そんなこだわりがつまった岡田家、ご夫妻のお気に入りは、「見せ梁がみえる吹き抜け」と、「リビングからのキッチンの眺め」だとか。

梁がアクセントの吹き抜けは、開放感が抜群。2階部分のスリット窓から差し込む太陽の光が、家の中に広がる。

キッチンは、白い漆喰の壁にカフェ風のガラス窓の棚がよく映える。「インテリアは好きだったんですけど、賃貸のときには限界があって」と歩さん。つくり付けの棚は、扉のチェッカーガラスを歩さんが選び、隆浩さんがDIYで細部までこだわって仕上げたものだ。

2階から吹き抜けを通して、ダイニングをのぞむ。

ダイニングテーブルと椅子も、ご主人の手づくり。

キッチンの棚は、奥さま選んだチェッカーガラスを使ってつくった、ご主人によるDIYの傑作。
夢が叶ったのは内装やインテリアだけではない。いちばんの悩むだった冬の寒さが、気にならなくなったという。「工務店の方に『エアコン1台で大丈夫』と言われて『そんなことあるわけない』と思っていたんです。でも住んでみて『あ! 本当だった!』って」(隆浩さん)。「冬場も床が冷たくなくて、足元はあたたかく感じます。無垢の木だから足さわりも良くて」(歩さん)

隆浩さんのDIYへの情熱は、いまや家の中だけにとどまらず、先日は物置ーーもはや「casa crina」風の離れにも見えるーーまでつくり上げ、周囲の人々を驚かせている。
 「外構をあと半年かけてつくって、その後庭にパン焼き釜、そして木工室をつくる!」と隆浩さんは宣言。すると歩さんも「娘(ひなたさん)もお父さんのつくったパンを食べるのを楽しみにしているんです」とうれしそうに微笑んだ。

サムネイル