casa lovers オーナーインタビュー

快適さとエコな暮らしの両方を手に入れた家

casa sole

快適さとエコな暮らしの両方を手に入れた家

#ガルバニウム鋼板 #太陽光パネル #エコ住宅

「建てるなら機能的な住宅がいい」というご主人の希望で選ばれた、太陽と共に暮らす家「casa sole(カーサソーレ)」。奥さまも日々、そのエコな暮らしを体感しているそうです。

“機能性”という名のもとに、快適でエコな暮らしを実践しているご家族にお話を伺いました。

casa filmsインタビュー動画

  • お施主さま独自のカスタマイズが含まれており、標準仕様とは異なる場合がございます。

エコに賢く暮らせる「casa sole」

「建てるなら、機能的な住宅がいい」という、ご主人たっての希望で選ばれた「casa sole」。奥さまも、日々そのエコな暮らしを体感しているそうです。

「昼間の電気は、太陽光の発電だけでまかなっている気がします。そのおかげで光熱費がほとんどかかっていないような実感がありますね。」

以前に住まわれていた家の光熱費と比べても、ずいぶんとコストパフォーマンスのいい暮らしを手に入れたそうです。

「前の家だと月平均2万円くらい電気代がかかっていたのですが、夏は売電でプラス、冬場はちょっとマイナスのときもありますが、年間を通したらプラスマイナスゼロか、ちょっとプラスくらいの売電収入があるので、ほんとうに助かっています。晴れの日は太陽光がとても発電してくれるおかげで、電気代もかからず、なんだかテンションが上がりますね。」

  • 太陽光発電については過去の実績となりますので、現在の基準とは異なる場合があります。予めご了承ください。

住宅性能も信頼できる家

「casa sole」の暮らしがエコである理由は、こうした太陽光発電によるものだけではありません。それは家の気密性の高さや、断熱性の高さにも起因します。たとえば、「casa sole」を象徴するガルバリウム鋼板の外壁もまた、家の機能性に大きく貢献している部材のひとつなのです。

「建てたころは、近所の人から “この黒い壁は何でできてるんですか?” とよく聞かれました。あと、主人は内装の壁に使われている “エッグウォール” も気に入ってます。湿度を調節してくれるので、子どもたちの健康を考えると、やっぱりそういう機能性はありがたいですね。」

住環境に左右されない高性能な窓

今回お邪魔したH様邸は、目と鼻の先にローカル列車が走っています。庭の中を列車が走っていると言っても過言ではない景色が、窓の外にひろがります。

「窓がトリプルサッシなので、音はぜんぜん気になりません。振動もないんです。あとこの窓、まったく結露しないんです。ほんとうに驚きました。」

“住宅性能”にこだわりがある方は多いですが、意外と見落としがちなのがエコで快適な室内環境。子どもたちも快適に過ごせる環境のH様ファミリーの「casa sole」は、次世代まで受け継がれる家になっていくことでしょう。

このオーナーが住んでいる住宅はこちら

casa sole カーサソーレ

快適で経済的な暮らしが実現する、
太陽と共に暮らす家。

詳しく見る

Pick up 人気記事