LOVERS ユーザーインタビュー

三角窓が家族を見守るくつろぎの家

サムネイル

あるときは、家族みんなの団欒場所。またあるときは、ひとりじっくり集中して勉強できる書斎。わが子のためだけの、小さな図書館。

屋根裏の秘密基地を思わせる2階のフリースペースを、金子さんご一家は口をそろえて「わが家で一番のお気に入り空間」と語る。「大きい三角窓から景色を見ると、すごく気分がいいよね」と、奥さまのみのりさん。長男の新くんも、「夜、窓からきれいな星が見えるのが好き」と話す。

三角の屋根と深い軒が印象的な「casaamare」は、一見すると平屋に見える。しかし実際は、屋根下を最大限にいかした2階建て。

LDK や寝室、個室は1階にまとまっているから、2階は多目的空間にできる。誰がどのように過ごしてもいい場所で、家族それぞれが自由な時間を満喫できるのだ。1階とは吹き抜けでつながっているから、ひとりでいても家族の気配を感じながら過ごせて安心だ。

 

 

2階の三角窓から見えるのは、風光明媚な景色。みのりさんお気に入りの眺望だ。

ご主人の仁さんは、そんな自然に抱かれてたたずむわが家の美しさを知っている。「町から家に帰ってくるときに、橋の上からこの家が見えるんですよ。集落の中にこの家がある、その風景もまたいいなあと思いながら、毎日職場から帰ってきています」と仁さん。

日本の伝統美を彷彿とさ せる黒い杉板の外壁に、切妻屋根の深い軒を備えた「casa amare」の外観は、日本人に眠る美意識を呼び起こさせる風情を持っているのだ。

日本の伝統を感じさせるのは、外観だけではない。ふんだんに使われた障子、外の世界を感じながらくつろげる縁側、落ち着いた雰囲気の畳敷きの部屋。金子さん宅には、日本家屋の原型が随所に散りばめられている。「美しい日本の家」という「casa amare」のコンセプトを、そのままかなえた家といえるだろう。

そして金子さんご一家はこの家に、大胆なオリジナリティーを取り入れた。それは、吹き抜け部分を利用した大きなハンモックだ。2階から降りるように、あるいは1階からはしごを使って、ハンモックへからだをゆだねる。ゆらゆら揺られていると、大人も子どもも自然と笑顔になるから不思議。

美しく、快適で、笑みのこぼれるこの家で、家族の物語が続いてゆく。

2階のフリースペースで、ゆったり過ごす金子さんご一家。ご主人の仁さん、奥さまのみのりさん、長男の新くん、次男の旭くん。
天窓から降り注ぐ陽光が、親子を温かく包んでいた。