どんな家具とも相性がいい家

サムネイル

白い箱のような、ある意味、究極のデザインといっていいミニマルなスタイルを持つ「casa cube」。ただし、今回訪れた赤井さん宅の「casa cube」はひと味違う。

家のなかに足を踏み入れると、シャビーな雰囲気の、アイアンがいい味をだしている家具たちが並び、そうした家具をとり囲むようにウッディな壁紙がところどころに配されているのが見えた。先にも記したように、その“白さ”がウリの「casa cube」だが、こちらの家は独自のアレンジがなされている。

「壁紙をふくめ、自分でけっこうこだわってインテリアを仕上げましたが、そもそもはcasa cubeの四角くて、シンプルなところ、そして白の塗り壁が気に入っていたんです」と、ご主人の貴正さんは語った。
「もともと家具が好きで、実際に建ててみて、自分が持っている家具を入れてみるまでは、正直、合うかどうか不安だったんですが、基本的に壁が白く、床も白く、天井も白く、シンプルな内装なので、実際はどんな家具とも合うんですよね。一部、壁紙とかは変えてますが、どんな家具とも相性はいいと思いますよ」

 

 

家づくりはもちろん、インテリアの細部にいたるまで、ご主人の貴正さんのこだわりが貫かれた「casa cube」なのだが、とある空間は奥さまの“希望”が形になっている。

「ヨガを5年ちかくやってまして。だからヨガ部屋がほしかったんです。ヨガは1畳のスペースがあればできると言われていますが、3畳の部屋をつくってもらいました。おかげで、すごく集中してヨガができます」と奥さまの裕美さんは嬉しそうに話してくださった。

そのヨガ部屋は二階にある。そして、同じ二階にはこれまた貴正さんこだわりの、シアタールームがある。
「住んでみてわかったことですが、気密性の高いこの家のつくりは、じつは防音性が高くもあるんです。映画とか、けっこうデカイ音で観ますが、家の外にはほとんど音が漏れないみたいですね」

サムネイル